カルビー 環境配慮包装のえびせんとポテチ

2019/11/1 14:35
保存
共有
印刷
その他

カルビーは主力のスナック菓子「かっぱえびせん」と「ポテトチップス」から、環境に配慮した包装の商品を11日に発売する。同社として初めて、パッケージの原料に紙を使った「クラフト包材」を採用。生物由来の原料を使ったインクで印刷した。環境に配慮した商品の需要が高まるとみて、主力の2ブランドで新包装を取り入れ、今後の本格導入を検討する。

カルビーが11日に発売する「Theかっぱえびせん」(左)と「Theポテトチップス 匠のうすしお味」

包装への印刷には、カルビーとして初めて生物由来のバイオマスインキを使った。バイオマスインキは原料に綿や米ぬかなどから抽出した成分を使ったインキ。再生可能な資源として注目されている。

「Theかっぱえびせん」では瀬戸内海産の天然エビを100%使用。従来よりも粗くミンチして、素材の味を楽しめるようにした。「Theポテトチップス 匠のうすしお味」では、工場ごとにジャガイモの厚みを変え、素材本来の味を生かすようにした。

想定価格は160円前後。全国のコンビニエンスストアで4日から先行販売する。かっぱえびせんは約100万袋、ポテトチップスが約135万袋の数量限定の販売を予定する。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]