未来面「あたらしい時代です。」

フォローする

 日本経済新聞社は、読者や企業の皆さんと一緒に日本の課題について考え、議論する「未来面」をスタートしました。今期のテーマは「あたらしい時代です。」 革新的なアイデアをお寄せください。企業のトップが選んだ優れたアイデアは新聞紙面や日経電子版で紹介します。アイデアの投稿はこちらから。
過去の優れたアイデアはこちら

ヤマトの物流網どう活用、持続可能な社会をつくるには
長尾裕・ヤマトホールディングス社長 経営者編第7回(11月5日)

未来面
2019/11/5 2:00
保存
共有
印刷
その他

ヤマトホールディングスは今月、創業100年を迎えます。創業時(大正8年)の日本にはトラックが204台しかなかった中で、4台購入して運輸業を始めました。それまでは鉄道や人力で荷物を運んでいた時代です。今ならいきなりドローンを使ってサービスを始めるような進取の気性を持った会社でした。

長尾裕 ヤマトホールディングス社長

長尾裕 ヤマトホールディングス社長

今、最前線で働くヤマトのセールスドライバーは6万人を超え、パトカーなど緊急車両よりも多い4万5000台のトラックが、日本の隅々まで荷物をお届けしています。1日の総走行距離は約200万キロメートルで、地球を50周する距離に匹敵します。

そこで読者の皆さんにお願いしたいことがあります。私たちのトラックや宅配便ロッカー、人材などのインフラをいかして、これから100年続けられるような持続可能な社会をつくる斬新なアイデアを考えて投稿していただきたいと思います。

そのためにヤマトをもっと知っていただく必要があるでしょう。私たちのインフラの一部を紹介します。

ヤマトのトラックはどこにでも荷物を運びます。ドライブレコーダーを装着すれば、道路や周囲の状況を把握できます。4万5000台の車両が目になるわけです。ドライバーの目や感覚からも森羅万象が見えてくることでしょう。トラックはいつも荷物を満載して走っているわけではありません。荷物を届け終えたトラックに何か運べるモノがあれば効率的なネットワークになります。クール宅急便のような温度管理が必要な荷物を運ぶトラックもあります。

これからは今まで以上にお客様、社会のニーズに合わせられるかが大切です。ヤマトの業務をデジタル化することで、見えなかったことが「見える化」してきています。新たなニーズも生まれることでしょう。

ネコサポステーションで地域の買い物、家事を代行している

ネコサポステーションで地域の買い物、家事を代行している

現在、積極的に展開を進めるオープン型宅配便ロッカーの「PUDO(プドー)ステーション」。好きなときに誰にも会わずに荷物を受けとったり、送ったりできます。駅や大学、商店街、駐車場、公共施設など約5000カ所に置かれ、ヤマトだけでなく、日本郵便や佐川急便の荷物も利用可能です。

また、より地域の人たちにお役に立ちたいと考えて、東京・多摩と千葉・松戸で買い物や家事の代行などを手掛ける「ネコサポステーション」の取り組みを始めています。暮らしの相談ごと、地域イベントの開催などでお手伝いをして、高齢化社会を快適に過ごせるようにサポートしています。全国に約4000ある当社の営業拠点や約19万ものコンビニや商店などの取扱店というお客様との接点をいかせば、様々な取り組みができます。

ヤマトのインフラを活用した新しいサービスを皆さんと共に考えて、さらに社会に貢献していきたいと思います。すばらしいアイデアをお待ちしています。

長尾裕・ヤマトホールディングス社長の課題に対するアイデアを募集します。投稿はこちらから。

■編集委員から

最近、CSV(クリエイティング・シェアード・バリュー)という言葉を耳にします。米国の経営学者、マイケル・ポーター氏らが提唱したもので、経済的価値と社会的価値を同時に実現する考えです。日本的に言うなら事業活動そのものが「三方(売り手と買い手と社会)よし」のような取り組みです。肩肘張らず、無意識のうちに呼吸をするように持続的な社会の実現に役立つことができれば、すばらしいことです。

社会インフラ、ライフライン企業などと呼ばれるヤマトホールディングスはCSVという言葉が存在していなかった時代から、自らの経営資源をいかして三方よしのビジネスを展開してきました。しかし、少子高齢社会、過疎化、デジタル社会の進展で社会的な課題は変化しています。それを困難な課題と立ちすくむか、新たなチャンスとして挑戦するか。これまでも幾多の難局を乗り越えてきたヤマト魂は当然、これからの100年も後者を選ぶはずです。(編集委員 田中陽)

◇   ◇

今回の課題は「物流網を生かし、持続可能な社会をどうつくる?」です。皆さんからの投稿を募集します。締め切りは11月14日(木)正午です。優れたアイデアをトップが選んで、25日(月)付の未来面や日経電子版の未来面サイト(https://www.nikkei.com/business/mirai/)で紹介します。投稿は日経電子版で受け付けます。電子版トップページ→ビジネス→未来面とたどり、今回の課題を選んでご応募ください。

未来面にこれまで寄せられた優れたアイデアを閲覧できる「Mirai アーカイブズ」(http://miraimen.nikkei.co.jp/)も開きました。経営者をハッとさせたり、うならせたりしたアイデアの宝箱を開いてみてください。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ

電子版トップ連載トップ