所得税、会社員の負担じわり 20年から収入多いほど

2019/11/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

個人の年間の稼ぎにかかる所得税が今後、大きく変わりそうだ。2020年から会社員の必要経費にあたる給与所得控除の仕組みが一部変わり、収入が多いと税負担が重くなりやすい。退職時の一時金にかかる税制も見直しが視野に入りつつある。年金生活者に対する税制を含めて今後どうなるのかを探る。

【関連記事】介護保険料年10万円超 大企業の社員、負担ずしり

消費増税の陰に隠れてあまり話題とならないが、所得税は来年、重…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]