英語民間試験の20年度見送り、萩生田文科相が表明

2019/11/1 9:38
保存
共有
印刷
その他

英語民間試験の実施延期を発表する萩生田文科相(1日午前、文科省)

英語民間試験の実施延期を発表する萩生田文科相(1日午前、文科省)

2020年度に始まる大学入学共通テストを巡り、萩生田光一文部科学相は1日の閣議後記者会見で、英語民間試験の20年度の活用を見送る方針を正式に表明した。24年度に実施する入試に向けて導入を進める考えも明らかにした。

萩生田氏は見送りの理由について「英語民間試験の成績提供システムは(受験生の)経済的状況や居住地域にかかわらず、等しく安心して受けられると、自信を持ってお勧めできるシステムになっていないと判断した」と述べた。

【関連記事】
英語民間試験、20年4月からの実施見送りへ 文科省
見送りの英語民間試験、何が問題? 3つのポイント

また「文科省と民間試験団体との連携が十分でなく、準備の遅れにつながった。これ以上判断を遅らせることはできない」とも語った。

今後については検討組織を設け、「仕組みを含め全面的、抜本的に見直す。1年をめどに結論を出したい」と述べた。

大学入試センター試験で、受験生にリスニング用の機器を配布する担当者(1月、東京都文京区の東京大学)

大学入試センター試験で、受験生にリスニング用の機器を配布する担当者(1月、東京都文京区の東京大学)

英語民間試験と並ぶ入試改革の柱である国語、数学への記述式問題の導入は、予定通り20年度の共通テストで実施するとし、「円滑な実施に万全を期す」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]