インド原発にサイバー攻撃 北朝鮮が関与か

2019/11/1 0:07
保存
共有
印刷
その他

【ムンバイ=早川麗】インドの原子力発電所がサイバー攻撃を受けたことが31日までに分かった。情報を抜き取る狙いでつくられたマルウエア(悪意のあるプログラム)が、原発のパソコンで検出されたと、国営企業のインド原子力発電公社が認めた。地元紙は北朝鮮のハッカー集団「ラザルス」が関与したとの専門家の見方を伝えた。

サイバー攻撃を受けたとされるインドの原子力発電所(南部タミルナド州)=ロイター

原発公社によると、マルウエアが検出されたのは管理業務に使われるパソコンで「(原発の運転に関わる)重要な内部ネットワークとは隔離されている」という。インド原子力省の専門家による調査の結果、「原発システムには影響がない」としている。

インド原発公社は22基の原発を運転しており、発電能力は合計6780メガワット。地元紙などによると、このうち最も新しいクダンクラム発電所(南部タミルナド州)がサイバー攻撃を受けた。

専門家は、今回のサイバー攻撃で使われたのは「Dトラック」と呼ぶマルウエアとみている。Dトラックは2016年にインドで個人の金融情報を狙ってATMを標的に使われたことがある。

国連の8月のリポートによると、北朝鮮は巧妙で幅広いサイバー攻撃によって銀行などから20億ドル(約2160億円)を不正に取得し、大量破壊兵器の開発に充てているという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]