/

太平洋島しょ国支援で協力確認 日NZ外相

茂木敏充外相は10月31日、ニュージーランド(NZ)のピーターズ副首相兼外相と都内で会談した。太平洋島しょ国の支援で協力すると確認した。海洋や気候変動など優先する分野を示した共同宣言を発表した。茂木氏は会談で「自由で開かれたインド太平洋の要として太平洋島しょ国地域を重視している」と述べた。

日本の「自由で開かれたインド太平洋」構想と、NZが掲げる太平洋諸国との関係強化政策「パシフィック・リセット」に沿って連携を強化する。宣言にはサモアの太平洋気候変動センターでの人材育成で協力することなどを盛り込んだ。両国が参加する環太平洋経済連携協定(TPP11)を基盤に関係を強めることでも一致した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン