H2Oの今期見通し、訪日客向け好調も下方修正

2019/10/31 20:34
保存
共有
印刷
その他

阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)は31日、2020年3月期の売上高が前期比1%増の9392億円になりそうだと発表した。従来予想を81億円下回る。百貨店全体の4~9月の免税売上高は計画を上回ったが、イズミヤなどスーパー業態の不振が響く。

百貨店全体の4~9月の免税売上高は前年同期比9%増だった。元安や韓国人観光客の減少など逆風が吹くなかでも顧客の取り込みに成功し、…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]