/

この記事は会員限定です

いぼ痔薬「ヘモリンド」 禁断のお尻イラストで急成長

[有料会員限定]
日経クロストレンド

小林製薬が2017年10月にリニューアル発売した、いぼ痔(じ)の内服薬「ヘモリンド舌下錠」が売れに売れている。初年度は2億円、2年目には10億円を達成。19年1~6月の中間決算では前年比145%と、その勢いは止まらない。

パッケージを変えたら売り上げが急増

小林製薬がヘモリンド舌下錠(以下ヘモリンド)の販売権を取得したのは2017年。もともとは扶桑薬品工業が1963年から販売していたものだ。

ヘモリンドは、市販薬としても珍しい「舌下錠タイプ」。舌の裏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1669文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン