松浦産業、トイレの抗菌シートを小学校に寄贈

2019/10/31 19:57
保存
共有
印刷
その他

紙袋の取っ手製造などを手掛ける松浦産業(香川県善通寺市)は31日、洋式トイレのふたに貼れば抗菌・消臭効果が得られるシート「アドレット」を同市の小学校に寄贈した。ノロウイルスなどが拡散するリスクを減らすことができ、四国の小学校で使われるのは初めてだという。

抗菌などの機能があるシートは熊本市の企業が開発した商品で、松浦産業が販売を請け負っている。まずは地元の小学校に使ってもらい、中高も含めた教育現場での採用を働きかけていく。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]