最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

業績ニュース

サンリオ、香港デモや中国景気減速で一転減益 20年3月期
純利益41%減の23億円に

企業決算
2019/10/31 20:30
保存
共有
印刷
その他

サンリオは31日、2020年3月期の連結純利益が前期比41%減の23億円になりそうだと発表した。従来予想を18億円下方修正し、一転減益となる。中国の景気減速や、香港で「逃亡犯条例」に反発する大規模デモが続き、アジアでのキャラクター商品の販売が落ち込んでいる。

売上高は2%減の577億円と、23億円引き下げて減収となる。香港には代理店が運営するキャラクターショップが20店舗ある。サンリオ商品を扱う他の店も含め、デモの影響で週末に営業できない店舗がでている。中国では景気の減速で消費マインドが下向き「生活必需品でないサンリオの商品は買い控えられた」(江森進専務)面もある。

日韓関係の悪化も響き、海外売上高は11%減の191億円と34億円引き下げた。アジアの営業利益は16億円下方修正し、20%減の53億円まで落ち込む見通し。国内事業は物販、テーマパークとも好調だが補えない。

同日発表した19年4~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比78%減の3億2600万円、売上高が2%減の276億円だった。欧州競争法に関する課徴金を特別損失に計上した。また発行済み株式数(自己株式を除く)の1.2%にあたる100万株、20億円を上限とする自社株買いも発表した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム