群馬大学、てんかん悪化の仕組み解明 脳の冷却が有効

2019/10/31 19:16
保存
共有
印刷
その他

群馬大学はてんかんの病状が悪化する仕組みを解明した。てんかんの発作が起きると脳内が発熱し、脳内のタンパク質が異常に活性化することで病態が悪化するとわかった。脳を冷却したり、タンパク質の働きを抑える薬剤を投与したりすることで発作を抑えられるという。悪化の仕組みを解明するのは世界で初めてといい、新たな治療法につながる可能性がある。

群馬大大学院医学系研究科の柴崎貢志准教授らの研究グループがマウスを使った実験によって解明した。発作時に脳内のてんかんが起きている部位の温度が他の部位より1度高くなっていることがわかった。発熱により「TRPV4」と呼ばれる脳内の温度を監視するタンパク質が異常に活性化し、病状が悪化する。

冷却装置をマウスの脳内に埋め込み、てんかんが起こった部位を30度まで冷やすと発作を抑制できた。TRPV4の働きを抑制する薬剤も有効だとわかった。今後は患者の脳に埋め込む小型の冷却装置や、副作用の無い薬剤の実用化を目指す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]