/

この記事は会員限定です

和らぐリスク回避 米中協議が焦点

株・為替・金利、識者が読む

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)と日銀の金融政策を巡る会合という注目イベントを通過し、今後、マーケットの焦点は米中貿易協議や世界景気の行方、企業業績の動向などに移りそうだ。株式、債券、為替の各市場の専門家に見通しを聞いたところ、投資マネーのリスク回避姿勢が和らぎ、株高と金利・円相場の安定が続くとのシナリオが浮かんできた。

FRBの3回連続の利下げと日銀による金融緩和策の現状維持は事前想定通りで、債券・為替市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン