閣僚が連続辞任、長期政権の緩み深刻 「ドミノ」警戒なお

2019/10/31 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

河井克行法相が31日、辞任した。菅原一秀前経済産業相に続き、1週間で閣僚2人が交代する異例の事態だ。他の閣僚の失言も相次いでおり政府・与党では「辞任ドミノ」への警戒が続く。9月の内閣改造は閣僚選びの段階から緊張感に欠ける面があった。長期政権の弛緩(しかん)は深刻だ。

安倍晋三首相は31日朝、首相官邸で河井前法相から辞表を受け取ると、すぐに森雅子氏を呼んで後任に任命すると伝えた。この後、記者団には…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]