仙台市、東部復興道路を11月30日に開通

2019/10/31 19:02
保存
共有
印刷
その他

仙台市は31日、台風19号の被害で延期となっていた東部復興道路の全線開通を11月30日午後3時にすると発表した。大雨により流出した盛り土の表面部分を元に戻す復旧作業を進めており、11月下旬には終了する見通し。

専門家による調査で盛り土の構造自体には問題がないことが明らかになり、復旧工事終了後の開通を決めた。同日は開通に先立ち、仙台市長の郡和子市長らが出席する式典も開かれる。東部復興道路は津波からの多重防御の役割が期待されており、2014年から市が整備を進めてきた。当初は10月19日に開通する予定だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]