/

この記事は会員限定です

製造業、相次ぐ「中国」不振の下方修正

[有料会員限定]

今期の業績見通しを引き下げる企業が相次いでいる。31日は三菱電機住友重機械工業富士電機などが下方修正を発表した。いずれも原因は中国だ。米中貿易摩擦による景気悪化で設備・インフラ投資が縮小した。足元で半導体など一部業種は回復の兆しが見えてきたが、FA(工場自動化)機器や建機では上向く気配が無い。下期も厳しい状況が続きそうだ。

三菱電機は2020年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比7%減の2100億円になる見通しだと発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り843文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン