最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

業績ニュース

物流、ヤマトとSGで明暗 日通、社員が売り上げを過大計上

企業決算
2019/10/31 20:30
保存
共有
印刷
その他

ヤマトホールディングスは31日、2020年3月期の純利益が前期比25%増の320億円になりそうだと発表した。大手荷主からの荷受けが減少し、従来予想を60億円下方修正した。SGホールディングスは同日、20年3月期の純利益を8%増の470億円と25億円上方修正し、明暗が分かれた。

ヤマトHDの19年4~9月期の最終損益は34億円の赤字(前年同期は99億円の黒字)に転落した。宅配便の取扱数の伸びが0.6%増と想定を下回り、人件費の上昇を吸収できなかった。

SGホールディングスの4~9月期の純利益は15%増の219億円となった。インターネット通販など宅配便数は4%増えた。値上げも順調で単価は通期目標を達成した。20年3月期の配当は2円増配の44円に引き上げた。

日本通運の4~9月期の純利益は19%減の190億円だった。米中貿易摩擦を受け、航空貨物量が39%減と大幅に落ち込んだ。また同日、社員の不正により売上高を7億8200万円過大に計上していたと発表した。営業成績をよく見せようと、実際の請求額を上回る売り上げを計上していたという。過大計上した額については、4~9月期決算の売上高、営業利益から同額を減らして処理した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム