FRB、確信なき利下げ休止 パウエル氏「不確実性残る」

2019/10/31 19:46
保存
共有
印刷
その他

米連邦準備理事会(FRB)は30日、3会合連続の利下げに踏み切った。市場が注目したのはむしろ、当面は利下げを休止すると示唆したFRBの方針だ。個人消費の底堅さなどを理由に「予防的な緩和」を打ち止めにしたい意向だが、FRBにも確信はない。景気減速を織り込んで長短金利差の縮小が続いており、市場では追加利下げの圧力が再燃するリスクがくすぶる。

「金融政策は時間差で効くので、効果はゆっくりと雇用や物価上…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]