アインファーマシーズ、アイメークブランド譲り受け

2019/10/31 18:45
保存
共有
印刷
その他

アインホールディングス(HD)傘下のアインファーマシーズは化粧品などを手がけるエステティクス(東京・港)のブランド「DAZZSHOP(ダズショップ)」の事業を1日付で譲り受ける。ダズショップはカラーコンタクトやアイメーク用品に強みを持ち、北海道内では大丸札幌店に出店している。

アインファーマシーズが首都圏を中心に展開するコスメショップ「アインズ&トルペ」は主要客層が20~30代で、同社は「ダズショップのターゲットと一致しており親和性がある」としている。同社はダズショップの海外店舗も運営し、将来の海外展開に備えてノウハウを蓄積する。

アインファーマシーズが化粧品ブランドを傘下に収めるのは、2015年に資生堂から「AYURA(アユーラ)」を買収して以来となる。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]