/

この記事は会員限定です

百貨店苦戦、キャッシュレス比率向上 北陸の増税1カ月

[有料会員限定]

10月1日の消費増税から1カ月がたった。高額品の駆け込み需要があった百貨店が反動減で苦戦する一方、外食産業は現段階では大きな影響はないとの声が出ている。スーパーを中心にポイント還元を狙ったキャッシュレス決済の比率が高まっている。

「駆け込みが需要があった分、反動減がつらい」。大和香林坊店(金沢市)の担当者は話す。10月の同店の売れ行きは前年同月比15%程度落ち込む見通しという。

9月は駆け込み需要で宝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン