オリパラ考

フォローする

信用できない「アスリートファースト」
編集委員 北川和徳

Tokyo2020
2019/11/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京五輪のマラソンと競歩の開催地変更をめぐって、また「アスリートファースト(選手第一)」という言葉を頻繁に耳にするようになった。政治家やコメンテーターが軽々しく口にするたびに、信用できない人たちだと思えて仕方がない。

アスリートファーストとは何なのか。アスリートが望むことは千差万別だ。暑さは苦手なのが普通とはいえ、得意とする選手だっている。マラソンランナーなら新国立競技場の大観衆の前でゴールした…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
奥原は五輪への強い思いをまったく隠さない=共同

 今年もバドミントンの全日本総合選手権を取材した。圧倒的な成績を続ける男子シングルスの桃田賢斗のプレー、世界選手権決勝の再現となった女子ダブルスの永原・松本組と福島・広田組の対決など見どころは多かった …続き (12/6)

ハンドボールの登録競技者は約10万人。そのうち7万人以上を中学生と高校生が占める=共同

 スポーツ庁と日本ハンドボール協会がコラボしてスポーツを使った新しいビジネスの立ち上げを目指している。ハンドボールの現場(試合、選手、競技施設など)で展開するサービス・商品のアイデアを企業から募集、優 …続き (11/29)

7月の競泳の世界選手権では、ドーピング疑惑にある孫楊(中国、左から2人目)と表彰式で並ぶのを拒否した選手もいた。=AP

 深刻化するドーピングが東京五輪・パラリンピックに暗い影を落としている。世界反ドーピング機関(WADA)はロシアへの新たな処分案を12月9日に審議すると発表した。処分が下れば2016年リオデジャネイロ …続き (11/22)

ハイライト・スポーツ

[PR]