福井の8人のベンチャートップ、若手起業家を育成

2019/11/1 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福井県内のベンチャー企業の社長らが資金を出し合い、県内の若手起業家の支援を始める。一般社団法人を立ち上げ、年1~2回のコンテストを開催。優勝者には100万円を出資もしくは賞金として授与するほか、社長らが直接、商品化や事業開始を援助する。発起人の家庭用スクリーン通販のシアターハウス(福井市)の吉村明高会長は「民間主導だからこそ、起業家が多い福井の特性を生かせる」と意気込む。

11月上旬にも一般社団…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]