首里城火災、観光業に打撃 土産物店「不安しかない」

2019/10/31 17:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

31日の火災で首里城が焼失したことを受け、観光ガイドや周辺の土産店などに戸惑いが広がった。

「沖縄のシンボルを失い、観光面の損失は大きい」。修学旅行生らに20年以上、首里城などを案内する「沖縄県観光ボランティアガイド友の会」の宮川光世さん(64)は語る。国営首里城公園は1992年に開園し、年間300万人近くが訪れる沖縄県屈指の観光スポット。外国人客にも人気が高く、中国や韓国の修学旅行生を受け入れ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]