東大 認知症の追跡研究を開始 50歳以上の健康な人対象に

大学
2019/10/31 17:12
保存
共有
印刷
その他

東京大学は31日、認知症の治療薬や予防薬の開発を目指し、登録者の健康状態などを長期間にわたって追跡する研究を開始したと発表した。インターネットで参加者を募り、約2万人の登録を目指している。

オンラインで健常者を集める認知症の追跡研究を始めた(東京・本郷の東大で)

まだ認知症にかかっていない50~85歳の男女で日本語で参加可能な人が対象になる。最初に登録する際、専用のホームページで生活状況に関する質問に答えるほか記憶力テストなどで約30分かかる。参加者は3カ月に1回、15分ほどの検査を受ける。認知症の発症が疑われる人が、医療機関で血液検査や画像検査などを受ける段階に進む。

東大は2008~14年に軽度の認知症患者ら537人を対象にした追跡研究を実施した。今回は発症前の人を対象に調べて発症の仕組みの解明などにも役立てる。他の大学や製薬企業などとも協力して早期発見の方法や予防薬などの開発につなげていくねらいだ。

厚生労働省の推計によると、国内で認知症になる人は25年に730万人に達する。治療や予防を目指した研究開発は活発だが、新薬の開発は難航している。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]