あなたの痛み測ります 「ものさし」開発、予防に活用

日経産業新聞
2019/11/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自分の体が痛いのに、「どれぐらい痛いか」を伝えるのは難しい。医療現場でも、極端に痛がったり我慢したりする患者に戸惑う場面があるという。名古屋大学の平田仁教授らは東京大学などと共同で、脳の活動から関節や筋肉などで感じる痛みを数値で示す手法を開発した。腰痛や頭痛でも、痛みは人によって感じ方や伝え方が違う。痛みを測る「ものさし」があれば、病気の兆候にいちはやく気づき、不要な治療も避けられる。痛みを「見…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]