木材・製鉄原料のアジア輸出促進 ロシア、価格透明に
最大取引所のCEO表明

朝鮮半島
ヨーロッパ
2019/11/4 19:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【モスクワ=石川陽平】資源大国ロシアが商品取引所を使い、製鉄原料の鉄スクラップや木材の輸出拡大に乗り出す。主に需要が拡大するアジア市場向け。国内最大のサンクトペテルブルク商品・原料取引所(SPIMEX)で外資などが商品を買いつけ、輸送や税関手続きを円滑にできる一貫体制を設ける。2020年開始を目指す。取引と価格形成の透明化を進め、国際市場で一定の影響力を確保する狙いだ。

SPIMEXのA・ルィブ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]