/

「セブンカフェ」用ストロー、全て環境配慮素材に 紙製と生分解性

セブン―イレブン・ジャパンは31日、いれたてコーヒー「セブンカフェ」用のストローを全て環境配慮素材のものに切り替えると発表した。11月5日から約2万1000店の全店で順次、紙製ストローと生分解性を持つ素材を使ったストローにする。石油由来プラスチックのストローの配布は終了し、環境配慮への対応を進める。

ストローはセブンカフェの主にアイスコーヒーなどで使う。関東、東北地方などの約1万1000店では紙製に、関西など残りの地域の約1万店ではカネカの開発した生分解性を持つポリマーを使ったものにそれぞれ切り替える。これまで高知県などで試験導入しており、拡大できると判断した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン