冷静な視線と人間の体温 映画「人生、ただいま修行中」

アートレビュー
2019/11/1 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フランスのドキュメンタリー映画の第一人者、ニコラ・フィリベール監督の最新作。今回は、看護師をめざして学校で勉強する若者たちに焦点を当てている。

フィリベール監督自身、塞栓症で救急救命室に運びこまれ集中治療室で看護を受けた。そこから、看護師がどう生まれるのかという問題に興味をもったのだ。

病院に行くと、私たちは看護師の冷静で適切な対応を当たり前だと見ている。だが、当然のことながら、みんな看護師にな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]