/

この記事は会員限定です

事業譲った経験談生かせ 岡田高幸氏

直鞍情報・産業振興協会 直鞍ビジネス支援センター長

[有料会員限定]

中小企業経営者の高齢化と後継者の不在から事業承継が喫緊の課題となっている。家業を手放せないと考える経営者は多いが、存続には第三者への承継も選択肢だ。そのために事業を「渡した側」の声をもっと有効に活用すべきだ。

江戸時代に創業した家業のたち吉(京都市)を、私は2015年に投資ファンドに事業譲渡した。和食器市場が縮小する中で借入金の返済負担が重く、放っておけば資金繰りが立ちゆかなくなる恐れがあった。た...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン