もんじゅ 「降り方を考えよ」
サイクル政策の蹉跌 第3部(3)

日経産業新聞
2019/11/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 核燃料サイクルや高速炉の研究開発は日本のエネルギーの自給自足を実現する技術として巨額の投資が進められた。政府や電力業界などの動きを追い現状を探る。

電力会社に高速増殖炉原型炉「もんじゅ」の共同運営を断られた文部科学省は2016年7月以降、電力会社に影響力のある経済産業省と協議を重ねることにした。しかし経産省側は15年11月に原子力規制委員会が「(もんじゅを所有する)日本原子力研究開発機構にはもん…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]