/

DiDiモビリティ、大分でタクシー配車アプリ

中国配車大手の滴滴出行とソフトバンクが出資するDiDiモビリティジャパン(東京・千代田)は31日、大分エリアでスマートフォンアプリによるタクシー配車サービスを始めたと発表した。九州では福岡市、北九州市、沖縄県エリアですでにサービスを提供している。

和久山大輔マーケティング部長は「大分は観光で訪れる外国人が多い。地元の方だけでなく、海外客にも利用してもらえれば」としている。同社は大分第一交通(大分市)など県内の8つのタクシー事業者と提携。大分市、別府市、由布市、国東市エリアを対象とする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン