/

ドコモとタカラトミー、玩具でプログラミング教育

NTTドコモタカラトミーはこのほど、プログラミング教育サービスで共同事業を始めると発表した。まず、プログラミングで動かせる子ども向けのロボット玩具を11月30日に発売する。遊びながらプログラミングを理解できる玩具として売り出す。2020年度の小学校でのプログラミング必修化に向けて、玩具メーカーは関連商品を相次いで発売しており、盛り上がりを見せつつある。

「e-Craftシリーズ embot(エムボット)」は、NTTドコモが商品企画を発案。タカラトミーが玩具の開発・販売を担当し、ドコモがプログラミングのできる専用アプリの開発と教育機関との連携を進めた。

対象年齢は8歳以上で付属の段ボールとモーター、ライトなどを組み合わせて動物型のロボットを作る。スマートフォンやタブレット端末などから専用のアプリを使って、ロボットの動きをプログラミングする。

専用アプリでは通常より簡易的にプログラミングできるように工夫した。アプリの画面上でロボットの動きを指定するブロックをつなぎ合わせると、ロボットの腕を動かしたりライトを光らせたりできる。直感的な操作でプログラミングを体感でき、子どものプログラミングの理解を助けるという。

希望小売価格は税別6000円でタカラトミー公式通販サイトで販売する。20年春からは全国の玩具店や量販店でも販売する。今後、プログラミングが学べる製品のラインアップも拡充。全国の地方自治体や小学校などの教育機関にエムボットを教材として提供していく。

プログラミング必修化を巡っては就学前からの取り組みも関心が高い。セガトイズは10月、「アンパンマン」や「すみっコぐらし」を使った玩具を相次いで発売した。ゲームをしながらプログラミングの原理を学べる。価格はアンパンマンが税別5500円、すみっコぐらしが1万6000円。

楽天が子どもを持つ20~40代の親約1000人を対象に調査したところ、プログラミング教育を知っている人は全体の約8割に上った。必修化に向けては「プログラミング的思考を学べるおもちゃを購入する」が23%で1位だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン