いつまで通用? 日銀、緩和示唆に注力
編集委員 清水功哉

清水 功哉
編集委員
2019/10/31 13:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「海外経済の回復は予想より遅れているものの、国内の経済・物価情勢への悪影響は追加的な政策対応が必要なレベルには達していない」――。日銀は31日の金融政策決定会合でそんな判断を下し、マイナス金利深掘りを見送った。その背景にあるのは、何といっても経済・物価情勢を悪化させる円高圧力が後退している点だ。円相場は前回9月の決定会合時より安い水準で推移。同日には一時1ドル=109円台をつけた。追加対応の余地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]