公明副代表「首相の責任、当然ある」 法相辞任で

2019/10/31 12:30
保存
共有
印刷
その他

公明党の北側一雄副代表は31日の記者会見で、妻の選挙運動費などをめぐって政治と金の疑惑が浮上した河井克行法相の辞任を受けて「極めて残念で遺憾と言わなければならない。当然、安倍晋三首相の任命責任はある」と述べた。

河井氏は25日に辞任した菅原一秀前経済産業相と共に、菅義偉官房長官に近い人物として知られる。北側氏は「官房長官も内閣を組織するに当たって重要な立場にある。責任を感じていると推測する」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]