サムスン半導体受託生産、TSMCに挑む 先端品を量産
5Gにらみ年間1兆円投資

2019/10/31 13:27
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=細川幸太郎、台北=伊原健作】韓国サムスン電子が半導体受託生産の分野で、巨人の台湾積体電路製造(TSMC)に真っ向勝負を挑む。毎年1兆円を投じて次世代の生産技術「EUV」による量産体制を固め、10年ほどかけてTSMCの世界首位の座を狙う。サムスンとTSMCという2強が半導体の進化で競えば、幅広い産業の技術革新につながる。

サムスンが10月31日に発表した2019年7~9月期の連結営業利益…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]