大阪万博ロゴ、11月公募開始 来春決定へ

2025年 万博
2019/10/31 11:10
保存
共有
印刷
その他

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の運営主体「日本国際博覧会協会」は31日、万博のロゴマークの公募スケジュールを発表した。11月29日から12月15日まで公募し、20年春に公表する。建築家の安藤忠雄氏を座長とする委員会による選考などを経て決める。ロゴマークを一般公募することで、万博への機運醸成を高める狙いがある。

ロゴマークはプロ、アマチュア問わず、日本人や日本に住む外国人が応募の対象。18歳以上を代表者とするグループであれば子どもも応募できる。公募ホームページで受け付ける。

選考委員会は安藤氏のほか、漫画家の荒木飛呂彦氏、元サッカー日本女子代表の澤穂希氏など計11人が務める。同日午前、記者会見した石毛博行事務総長は「ロゴは万博の機運醸成のために非常に重要なツール」と説明。「万博のシンボルとして世界中から愛され親しみを持たれるロゴを作りたい」と期待した。

会見では、万博会場で行う実証実験について有識者を集めた会議の開催も発表した。環境・エネルギーや移動手段など幅広く議論する。11月に第1回を開き、その後は企業から実証実験の提案も募るという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]