バイエルとハカルス、「説明可能なAI」でMRI読影支援

2019/10/31 11:48
保存
共有
印刷
その他

バイエル薬品(大阪市)と人工知能(AI)ベンチャーのハカルス(京都市)は、「説明可能なAI」を利用し磁気共鳴画像装置(MRI)画像の読影を支援するシステムの開発を目指す。バイエルのマッチングプログラム「G4A Tokyo Dealmaker 2019」で共同開発に向けた基本合意書を締結した。

G4A Tokyo Dealmakerは、ベンチャーやIT企業などからバイエルが提示する課題を解決するデ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]