英議会解散へ 12月選挙が迫る「究極の選択」
欧州総局編集委員 赤川省吾

英EU離脱
赤川 省吾
編集委員
2019/10/31 14:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

英議会上院が30日、12月に総選挙を行う法案を承認し、英国は選挙モードに突入した。保守党政権で国際的な孤立につながりかねないブレグジット(英離脱)に踏み出すのか、それとも時代錯誤の左派思想に染まる労働党政権でEU残留に望みをつなぐのか――。英国民は究極の選択を迫られる。国家の将来を左右する歴史的な選挙になる。

ジョンソン首相には大きな勝利だった。年内選挙を渋っていた野党を切り崩しての12月12日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]