米司法省、主犯格と和解 マレーシア巨額汚職事件

2019/10/31 10:41
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=中野貴司】米司法省は30日、マレーシアの政府系ファンド「1MDB」の巨額汚職の主犯格である実業家、ジョー・ロー氏と和解し、7億ドル(約760億円)超を回収したと発表した。回収した資産の大半はマレーシアに返還されるとみられ、45億ドル以上が流出した過去最大の汚職の資金回収が進むことになる。

米司法省は、マレーシアの政府系ファンド「1MDB」の巨額汚職の主犯格と和解したと発表した=ロイター

司法省の幹部は30日の声明で「不正流用した資金を高額な美術品やカジノで散財していたロー氏や家族は、和解によって数億ドルを放棄せざるをえなくなった」と和解の意義を強調した。ロー氏が提供に応じた資産にはニューヨークやロンドンの高級不動産や、米高級住宅地のビバリーヒルズにあるホテルなどが含まれる。

今回は民事の資産差し押さえに関する和解だが、米当局は1MDBのマネーロンダリング(資金洗浄)などに関連し、ロー氏の刑事上の責任を追及している。司法省は今回の和解によって、ロー氏の刑事上の責任や将来の起訴が免除されるわけではないと説明している。

マレーシアの司法当局もロー氏を「ナジブ前首相の分身」で、巨額汚職を主導した中心人物と位置づけ、刑事責任を追及している。ロー氏は現在、海外逃亡中で各国の警察当局と連携しながら、早期の逮捕を目指している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]