アウトドア用品、六甲山が育てた関西企業
とことん調査隊

関西タイムライン
コラム(地域)
2019/11/12 7:01
保存
共有
印刷
その他

テレビ番組があるアウトドアブランドを特集していた。気になって運営会社の本社所在地を調べてみると大阪市だった。アウトドアブランドというと米国など海外企業のイメージが強い。一方、関西にはモンベル(大阪市)のような有力企業もあるし、意外と多いのではないか。

まず、関西に関連企業はどれくらいあるのか調べた。アウトドアメディアを運営するスペースキー(東京・渋谷)によると、日本には116社ある。このうち関東は84社、関西は16社で、関西は少なく映る。ただ、関東は「外資系の日本法人がほとんど」(スペースキー)という。関西には地元資本が多く、知名度の高い企業も目立つ。見かけの数字より存在感があると言えそうだ。

登山用品店の好日山荘(神戸市)は神戸市で創業した。ファンドの支援を受けた関係から東京都に本社を置いていた時期もあったが、実質的な本社機能は同市から動かしていない。こだわる理由は「創業者が山好きで、六甲山の存在が影響した」(同社)。

神戸市北部に位置する六甲山は日本の近代登山、ロッククライミングの発祥地として知られる。明治期には日本アルプスを世界に紹介した英国人宣教師、ウォルター・ウェストンらが登山を楽しんだとされる。六甲山は登山家のほか、アウトドア関連企業の経営者もひきつける。

登山ウエアのファイントラック(神戸市)の金山洋太郎社長もそのひとりだ。「神戸市以外で起業は考えられなかった」と話す。「市街地から六甲山の登山口までは公共交通機関でわずか30分。カヤックも2~3時間圏内で楽しめる。アウトドア好きにとってこれほど便利な場所はめったにない」(金山社長)

もちろん、アウトドア関連企業が関西にある理由は六甲山だけでない。商品の安定供給に欠かせないサプライチェーン(供給網)などの事業環境が整備されていたことも大きいようだ。

モンベルはウエアを加工してくれる大阪市船場地区の繊維産業を重視した。「創業者の辰野勇は登山家であると同時に繊維の専門家。気軽に商談できる場所が当社の成長に必要だった。自転車で船場の繊維問屋を訪ねていた」(同社)。登山用ゴーグルのアックス(大阪市)も「大阪府の東大阪市や八尾市には関連する町工場が多くあって、外注先を開拓しやすかった」と説明する。

関西には幅広い分野の製造業が集積しており、アウトドア用品の生産や関連企業の成長を支えた。「やはり産業基盤の厚みは大きいな」。そう思って取材を終えようとした矢先、別の要因もあるとの指摘を受けた。関西の消費者の気質だ。

アウトドア用品のロゴスコーポレーション(大阪市)は2018年6月、京都府城陽市にテーマパーク「ロゴスランド」を開いた。建物内部にテントを張っているため虫刺されなどの心配が少なく、初心者でもキャンプを満喫できる。人口の多い首都圏ではなく関西を選んだのは「手軽にアウトドアを楽しみたい消費者が多い」(同社)ことが一因という。

アウトドアはテント張りや火起こしなどに一定の経験が求められる。一方、これらの手間を省きたいというニーズは根強く、商機とみた企業がビジネスを広げている。バーベキュー用品のレンタルでも「関西では道具のほか、食材を含めたフルサービスを注文する顧客が多い」(アウトドアレンタルのオーティーズ=大阪市)。

六甲山に産業基盤、消費者気質。関西にメーカーや小売りなどの有力アウトドア関連企業が立地しているのは偶然ではなく、これらの影響を受けたとみられる。発展の一端が垣間見えた。

(山本修平)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]