/

サムスン、7~9月の半導体事業78%減益 特需反動で

【ソウル=細川幸太郎】韓国サムスン電子が31日発表した2019年7~9月期の半導体部門の営業利益は3兆500億ウォン(約2850億円)と前年同期に比べ78%減った。半導体メモリーの特需で四半期ベースで過去最高の営業利益を記録した前年同期の反動で大幅な減益となった。スマートフォンを中心とするIT&モバイル部門の営業利益は32%増だった。

全社の営業利益は同56%減の7兆7800億ウォンで、売上高は5%減の62兆ウォンだった。前年同期は米IT(情報技術)大手のデータセンター投資拡大によって半導体部門の営業利益率が55%と絶好調だった。今回はメモリー価格の下落に伴う半導体部門の業績悪化をスマホやディスプレーなど他部門が補えなかった。

サムスンは世界シェア首位の2事業が収益を支える。スマホなどにデータを記憶する半導体メモリーと、「ギャラクシー」ブランドのスマホだ。スマホ事業の営業利益は32%増の2兆9200億ウォンだった。今夏発売の旗艦モデル「ギャラクシーノート10」の利幅が大きく、同部門の営業利益を押し上げた。

半導体事業は78%の減益だが4~6月期比では10%の減益にとどまり、業績悪化には底入れの兆しもある。同社は19年12月期の半導体事業の設備投資額を23兆3000億ウォンとする計画も示した。

収益が不安定なディスプレー事業では、米アップルのiPhone向け有機ELパネルの供給が好調で、営業利益は6%増の1兆1700億ウォンだった。

日本政府による半導体材料の輸出管理厳格化に伴う業績への影響は限定的だったもよう。サムスンは半導体生産に必要なフッ化水素などで日本以外からの代替調達を進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン