運動員への報酬厳しく規定 公職選挙法

2019/10/31 10:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

選挙運動は各陣営の資金力の差が影響しないように「自発的に無報酬で行うのが原則」(総務省)だ。公職選挙法は例外的に報酬を支払う際の規定を厳密に定め、規定を超えて金銭や物品を提供することを「運動員買収」として禁じている。

報酬の支払いが認められるのは、選挙カーで支持を訴える車上運動員(うぐいす嬢)や手話通訳者、宛名書きといった単純な労務を担う事務員などに限られる。

報酬を支払う場合は選挙管理委員会へ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]