/

野党、31日の国会審議に応じず 河井法相辞任で

立憲民主党など野党4党の国会対策委員長は31日午前、河井克行法相の辞任を受けて会談し、31日の全ての国会審議に応じない方針で一致した。

立民の安住淳国対委員長は会談後、記者団に「説明責任を放棄して辞めたのは大変遺憾だ。今後の焦点は安倍晋三首相の任命責任になる」と述べた。「首相が国会質疑の中でどういう任命責任を取るか話さないうちは他の委員会を開けるわけがない」と語り、当面の国会審議には応じられないとの考えを示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン