首相「国民に深く心からお詫び」 法相辞表提出で

2019/10/31 9:28
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は31日午前、河井克行法相が辞表を提出したことを受け、首相官邸で記者団に「任命したのは私だ。こうした結果となり責任を痛感している。国民の皆様に深く心からおわびしたい」と述べた。「内閣として総理大臣としてより一層、身を引き締めて行政の責任を果たしていきたい」と強調した。

後任に森雅子元少子化相を起用する理由については「弁護士として法務行政のプロでもある。安倍内閣の一員として特定秘密保護法という重要法案、難しい法案を担当し、成立させた経験がある」と述べた。「法務行政を力強く前に進めていただきたい」とも語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]