「予防利下げ」割れた判断 トランプ氏の要求やまず

貿易摩擦
2019/10/31 6:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)が3会合連続の利下げを決断したのは、対中貿易戦争による企業心理の悪化を和らげるためだ。ただ、米景気は過去最長の拡大局面にあり、2人の会合参加者が3会合連続で反対票を投じるなど、内部の判断は大きく割れた。トランプ大統領はマイナス金利政策まで要求し始めており、政権の圧力は止まりそうにない。

30日の会合では、カンザスシティー連銀のジョージ総裁とボスト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]