那覇・首里城で火災、正殿など7棟焼失

九州・沖縄
2019/10/31 6:24 (2019/10/31 14:20更新)
保存
共有
印刷
その他

31日午前2時40分ごろ、那覇市首里当蔵町の首里城から出火した。正殿と北殿と南殿、奉神門など計7棟の少なくとも約4200平方メートルが焼失した。けが人はなかった。沖縄県警那覇署などが出火の原因や経緯を調べている。

琉球王国の中心地だった首里城は太平洋戦争で建物が全て焼失したが、1992年に主要施設が復元された。復元の建物自体は対象外だが、首里城跡を含む「琉球王国のグスク及び関連遺産群」は2000年に世界遺産に登録された。文化庁は同日、調査官を現地に派遣した。

最初に駆け付けた警備員が、煙が正殿の中から出ているのを目撃しており、那覇署は正殿内部から出火したとみている。那覇市消防局によると、31日未明は北風が吹き、燃焼が速かったという。消防車両50台以上が出動し、火災は31日午後1時半ごろ鎮火した。

市消防局によると、正殿や南殿、北殿にはスプリンクラーが設置されていなかった。法的な設置義務はないという。首里城は3月に消防設備の点検を終えていた。

国営首里城公園などでは27日から琉球王国時代の儀式などを再現するイベント「首里城祭」が11月3日までの期間で開催中だった。同署によると、30日深夜まで準備などのために城内に人が残っていたとみられる。

那覇市の城間幹子市長は31日午前に市役所で記者会見し「残念でならない。衝撃を受けている」と語った。菅義偉官房長官は同日の記者会見で「再建に向けて政府として全力で取り組んでいきたい」と表明した。


【関連記事】
炎に包まれる首里城 住民悲鳴「沖縄の心が」
首里城、1992年に復元 九州・沖縄サミット夕食会も

火災が発生した首里城(31日午前6時27分、那覇市)

火災が発生した首里城(31日午前6時27分、那覇市)

火災が発生した首里城(31日午前6時54分、那覇市)

火災が発生した首里城(31日午前6時54分、那覇市)

不安そうな表情で火災が発生した首里城を見つめる人たち(31日、那覇市)

不安そうな表情で火災が発生した首里城を見つめる人たち(31日、那覇市)

消火活動が続く首里城(31日午前7時34分、那覇市)

消火活動が続く首里城(31日午前7時34分、那覇市)

火災で正殿(中央)などを焼失した首里城(31日午後、那覇市)=共同

火災で正殿(中央)などを焼失した首里城(31日午後、那覇市)=共同

首里城の正殿(2014年8月、那覇市)=共同

首里城の正殿(2014年8月、那覇市)=共同

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]