/

「フィアット」と「プジョー」経営統合で合意 米紙報道

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と「プジョー」を傘下に持つPSAのロゴ=AP

【フランクフルト=深尾幸生】欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と「プジョー」を傘下に持つ仏グループPSAが経営統合で合意したことが30日わかった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が関係者の話として報じた。31日にも両社が発表すると見られる。合計世界販売台数は約870万台となり、米ゼネラル・モーターズ(GM)を上回る世界4位の自動車連合が生まれる。

FCAは「フィアット」や「ジープ」、PSAはプジョーや「シトロエン」「オペル」などのブランドを抱える。2018年の世界販売台数はそれぞれ8位と9位だった。統合で首位の独フォルクスワーゲン(VW)や3位のトヨタ自動車に迫る。規模を拡大し、電動化や自動運転などの次世代技術開発に向けた投資を効率化する。

両社はそれぞれ30日に取締役会を開いて経営統合を議論したもよう。WSJによると、統合会社の会長にFCAのジョン・エルカン会長、最高経営責任者(CEO)にPSAのカルロス・タバレスCEOがそれぞれ就く。新会社の取締役会は11人とし、PSA側が6人、FCA側が5人を選ぶという。

両社は30日、「世界をリードするモビリティーグループの形成を目指して話し合っている」と発表していた。FCAは5月に仏ルノーに経営統合を提案したが、ルノーの大株主である仏政府の同意を得られず、6月に白紙に戻っていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン