/

この記事は会員限定です

[FT]カリフォルニア山火事、資本主義論争に飛び火

モラル・マネー 投資の新潮流を紹介

[有料会員限定]
英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のニューズレター「モラル・マネー」10月30日号では、カリフォルニア州で民営化された米電力大手PG&Eが火元とされる山火事が続いていることを受けて、資本主義のあり方を問う論争が再燃していることについて論じた。主な内容は以下の通り。

科学者がどんなに警鐘を鳴らしても、地球温暖化の問題は、直接的な被害を受けない地域に住んでいる人にとっては、抽象的でピンとこない問題だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1699文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン