/

この記事は会員限定です

あおり運転の被害、ネット投稿に賛否 個人特定も

[有料会員限定]

あおり運転をしたとみられる車の動画やナンバーの画像などの投稿がネット上に相次いでいる。被害者は悪質行為を公開して再発防止を狙うが、信ぴょう性が疑われる投稿もある。ネットに公開された情報にはドライバーの特定につながるものも含まれ、投稿の是非を巡り専門家の意見は割れている。

「同じナンバーを見たらご注意下さい」。SNS(交流サイト)のツイッターにはハッシュタグ「#あおり運転」「#危険運転」などをつけて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン