埼玉県の農林業被害、62億円超 台風19号

2019/10/30 19:44
保存
共有
印刷
その他

埼玉県は30日、台風19号による農林業被害額が62億1940万円(29日現在)に上る見込みだと発表した。用水路や取水せきなど農業基盤施設の被害が36億3362万円、林業基盤施設の被害が22億2780万円あった。農作物や畜産などの被害は2億6562万円。実態を把握しきれていない地域もあり、被害額は膨らむ可能性もある。

農作物被害は25市町から報告があった。ネギが7982万円で最も被害額が大きい。鴻巣市を中心に、プリムラなどの花壇用苗の被害(5068万円)も大きかった。畜舎の浸水でウズラ10万羽が死亡した日高市など、畜産被害も5市町で確認された。

農林業用施設や農業機械の被害は9241万円。パイプハウスが倒壊したり、トラクターなどの機械が浸水したりした。農業基盤施設については、農地(143ヘクタール)への土砂流入・流出のほか、用水路などの施設159カ所で損壊や浸食などの被害が発生している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]