太陽光栽培にLED併用 三重のトマト工場 国内最大規模

2019/10/30 19:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農業法人、うれし野アグリ(三重県松阪市)は、地元で運営する太陽光型のトマト工場に、発光ダイオード(LED)を併用するハウスを新設した。栽培面積は約1万2000平方メートルで、国内最大という。LEDの光を加えることで冬場の収穫量が増え、30~40%の生産性アップを見込む。安定した生産体制の基盤を整備し、ロボット技術の早期導入につなげる。

うれし野アグリは、食用油メーカーの辻製油(松阪市)と三井物産…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]